業務内容

仕事に対する考え方や承る仕事内容について紹介しています。

三つの視点

1「資産づくり」という視点

広告をすることも、販売促進のイベントをすることも、

従業員の士気を高める社内キャンペーンをすることも。

いずれも、社内に資産として蓄積されてゆくものと

考えています。

資産として蓄積されるから、

次の行動に生かすことができる。

次に活用できるから、

コストパフォーマンスが高くなる、

というわけです。

中島事務所では、社内外における

さまざまなコミュニケーション活動と連動し、

「資産づくり」という視点で、

思いを伝えるお手伝いをいたします。

 

2.「人に人柄、社に社柄」という視点

穏やか、気さく、豪快など。
人柄を表現する言葉は、いろいろとあります。
そして、「あの人は穏やかで誠実」とか

「豪快で面倒見がいい」とか、
複数の言葉で表現されたり、
時には「繊細だけど大胆、クールだけど熱い」など
相反する言葉で表現されたりする場合があります。
△△さんと聞いただけで

思い浮かぶ像(イメージ)が人柄なら、
□□社と聞いただけで思い浮かぶイメージが
企業ブランドと呼ばれたり、世界観と呼ばれたりするもの。
理想は、お客様の頭の中で結ばれる像が、
ご依頼主様の希望した通りの像であることです。

中島事務所では、「人に人柄、社に社柄」という視点で、
ご依頼主様の世界観を大切にして、
思いを伝えるお手伝いをいたします。

 

3.「伝えると伝わるは違う」という視点

伝えたいことをストレートに発信する。
それが一番効果的な場合もありますが、
まったく効果がない場合もあります。
「伝えた」のに、「伝わっていない」というわけです。
なぜでしょう?
それは言葉やビジュアルに託したメッセージに

「共感性」がないから、ではないでしょうか。
広告が広告主の費用で出来上がるという事実を
メッセージの受け手は承知しています。
広告が広告主の単なる自慢話だとすると、
受け手は目をそむけ、耳を塞ぎたくなるのも当然です。
大切なのは、どうアプローチをすれば
共感が生まれるかを一生懸命考えること。
そして、あくまでも軽やかに表現すること。

中島事務所は、常に「伝えると伝わるは違う」という視点を忘れず、
ご依頼主様の思いを伝えるお手伝いをいたします。

 

クリック⇒ 仕事内容